アルゼンチン ワーキングホリデー

「近況報告」メンドーサ地方 アンデス山脈の麓で1ヵ月間コテージ生活

お久しぶりです!元気にアルゼンチン生活を満喫しています。現在の滞在先は、高品質のワインと壮大なアンデス山脈で有名なメンドーサ地方。正確にはポトレリージョスという村の近くにある旅行者用のコテージで、仕事を手伝いながら滞在しています。 チリーア...
イラン

イランの旅 バラの都シラーズ、砂漠のオアシス都市ヤズドを訪れる

ホルムズ島、バンダル・アバスを去って向かうのはシラーズ。ヒッチハイクの距離は600kmもある。無事に辿り着けるのか。 バンダル・アバスで自宅に泊めてくれてお世話になったアコが、最終日わざわざヒッチハイク場所まで送り届けてくれました。アコが夕...
イラン

イランの旅 アフワズ→シュシュタル→ペルシャ湾沿いに南東へ

感動的に楽しかったクルディスタンの旅を終え、イラン南西部の端、アフワズまでやってきました。山がちだった風景から平原へと変わり、荒涼とし乾燥した大地に。ここクーゼスタン州はイラン随一の天然ガスの産地であり、アラブ文化とペルシャ文化が混ざった地...
アゼルバイジャン

アゼルバイジャン バクー散策 そしてイランに入国した瞬間に警察に連行される

カザフスタンのアクタウを出港して24時間後、ついに対岸が見えてきました。カスピ海の向こう側に見えるのは、高層ビルが立ち並ぶ近代的な都市の姿。アゼルバイジャンのバクーに到着です。 アゼルバイジャンでは、ちょっとしたハプニングが発生し、超短期間...
カザフスタン

カスピ海を越えていく ウズベキスタンからカザフスタン経由でアゼルバイジャンへ

さて1ヵ月近く滞在したウズベキスタンのビザも、もう有効期限が近づいてきてしまいました。ヒヴァに数日滞在した後、カスピ海をアゼルバイジャンへと越えるため、カザフスタンのアクタウへと向かいます。この時の写真が全くない。バタバタしていたのか、少し...
ウズベキスタン

ウズベキスタン かつてのシルクロードを行く ブハラとヒヴァへ 

ボイスンで新年を迎えた後、東西に長ーいウズベキスタンを西方向に進んでいきました。昔はラクダに乗ったキャラバン隊が通ったであろう、シルクロードの時代を思い浮かべながら西へ西へ。 途中かつて中央アジアで重要であったオアシス・宗教都市のブハラとヒ...
アルゼンチン ワーキングホリデー

アルゼンチン メンドーサで日本食品が買えるお店情報

今回は少し役に立つ情報をシェアします。旅をしていると、無性に日本食が食べたくなる時や、日本食を友人に作ってあげたくなる時がありますよね? 今回私もカウチサーフィンでお世話になったホストに日本食を作ってあげようと思いました。場所はアルゼンチン...
ジンバブエ

4年間の旅の最終国 カバン丸ごと盗まれても嫌いになれないジンバブエ

2014年1月から4年間、1度も日本に帰らずに続けてきた旅も、2018年3月ここジンバブエで最終国となりました。友人達と夕食を食べている間に、車の窓ガラスを割られ、パスポートやパソコン、カメラなどサブバッグ丸ごと盗まれちゃった出来事も今では...
インド

「インド」 煙もモクモク 湯気もモクモク 山緑深き魅惑のパルバティバレー

南インドのバンガロールから55時間かけて電車で一気に北インドのチャンディーガル(Chandigarh)へ。3日間電車の中で過ごしました。今までで3日間も電車の中で過ごしたのは初めて。しかし周囲の席の人々と仲良くなり話していたので、それほど退...
ウズベキスタン

[ウズベキスタン] 気がつけばついつい長居。新年を一緒に祝うまで滞在してしまった田舎町ボイスン

憧れだったオアシス都市サマルカンドに滞在した後、「はてウズベキスタンの田舎の暮らしはどのようなものだろう?」と訪ねてみたくなりました。 どうしても田舎に行きたくなるのが私の旅の癖。さーてどこに滞在しよう。大きすぎず小さすぎず、風景がきれいな...
タイトルとURLをコピーしました